お薬の飲み忘れをふせぐ!

スポンサーリンク

こんにちは、管理栄養士のゆっぽこです。

旦那ふとが先日の検査結果によりかかりつけ医から『このままでは死ぬよ』と宣告されました。(もちろんおどしですが…)

2020年2月血液検査結果。
こんにちは。前々から旦那ふとの健康状態についてブログで綴っていました。 ブログを再開するにあたり、避けて通れない!?ふとの状態をお知...

今までも少しずつ薬を飲んでいたのですが、このたび、薬が6種類に増えてしまいました。。。

ここで困ったことが…。朝と夕の食後に飲む薬なのですが、食後すぐに飲まないときがあり、少し時間が経ってから、

「薬飲んだっけ?」

と聞かれることが何度かありました。

「え、、、知らんがな。」

とは答えませんが、心の中では「おじいちゃんですか?」「記憶力大丈夫ですか?」と心配になりました。

が、実際に薬は余ってきていて、確実に飲み忘れている日があります。また、どっちか分からないからもう一回飲もうとする日もありました。それはそれで過剰に薬が効くと危ないので、何とかならないものかと悩んでおりました。

お薬ケースはどうかな?

たくさんのお薬を飲んでいる方は、お薬ケースを使っている場合もありますよね。

例えば、こんなケースのものとか、、、

こんなカレンダーのものもありますね。。。

100均にもたくさん種類があるみたいですね!

ですが、やはりここまでやるのは、まだ少し早いような気がしまして、、、一応ふとは40代後半。お薬ケースを使うのはもう少しおじいちゃんになってからにしましょう。

買わずに解決。

いろいろと調べて、これなら簡単にできるのでは!と思ったのが、薬に書き込む方法です。

ずばり、

字が見えにくくてすみません。

薬のシートに日にちといつ飲むかを書いています。

例えば、14日の朝食後だと『14ア』、14日の夕食後だと『14夕』と書いています。(朝という漢字が面倒なのでカタカナです…)

これを始めてからは、飲み忘れはなくなりました。(私の仕事は増えましたが…)

ふとのお薬が朝と夕の食後しかないこと、本人は字も見えるし、どの薬をいつ飲むかも把握しているので、この方法でいけています。(書き間違えていても本人が気づいてくれるので)

この方法は、限られた人しか実用できませんが、もしよければ活用ください。

もうこれ以上、お薬が増えませんように!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする